戦国バサラ小説

□政宗様の災難
1ページ/10ページ

「いいか!絶対奴らをこの城に入れるな!」
「おぉー!」

声高々に宣言するのは、政宗の忠臣、片倉小十郎。
ここ最近、政宗様を狙う不埒な輩が多くて辟易していた。
(「片倉小十郎、伊達に竜の右目とは呼ばれてねーぜ!」)
なんだか間違った使い方をしているような気もするが、それはとりあえず置いておきましょう。

政宗様を狙う不埒な輩はかなり多い。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ