戦国バサラ小説

□かいじ101号
1ページ/2ページ

新宿駅五番ホームで、飛び立つ鳩を眺めていた。
発車のベルはまるで新たな旅立ちのときのようだ。

お前とまた行きたかった。
花咲く季節の春の甲州に。
あの日のようにまた汽車は走りだす。

直向きなお前への気持ちは、過去も現在(いま)も変わっちゃいねぇ。
あの日の列車のように…
俺はまた乗ってしまいそうだ。

八時ぐらいのあずさではなく、かいじで行くつもりだ。
八時過ぎたらあずさではなく、かいじで行く。

八時ぐらいのあずさじゃなくて、かいじが好きなんだ。
八時過ぎたらあずさではなく、かいじで行くぜ。

政宗、お前が乗りたがっていたかいじ、でな…

だから…

俺の傍から離れないでくれ…
あとがき
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ