平成も終わりを迎えようとしている頃、思い返せばこのHPを作ったのは2008年の夏、ちょうど10年前だったんだと今改めて感慨にふけっております。
お久しぶりです。生きてます、千春です。

10年の節目ということで、徒然と今日までの想いを書き連ねさせていただければと思いますので、千春には珍しく長文ですみませんが、ご興味のある方だけご一読ください。

ここ数年の「ダーリンは芸能人」事情の所感と、今後の小説アップ予定、HP運営について書いてみます。


***

もうこのHPに来てくださっている方はさほどいらっしゃらないかと思いますが、書き手として、続きを書くと書き残していた手前、いつかは完結させねばと思っている作品があり、今日までほそぼそと書き綴っていました。

その間に、あの頃夢中になったボルテージ様の携帯乙女ゲーム「ダーリンは芸能人」も、GREEのゲームになったりスマホ用アプリになったりしていたようですね。

私はGREEの方は全くしていないのですが、スマホアプリの方(Love Duetというやつ)はダウンロードして、京介を先に攻略いたしました。
ちょっと感想を述べさせてもらってもよろしいですか?
もう、そこでの京介の性格の変わりように驚いてしまいまして…!

本家(ガラケー時代)の京介は「そこのかわい子ちゃんおいで♪」と言ったりしそうな、それはそれは女好きで軽くてチャラくてでも決めた相手には徐々に心を開いていく、っていうキャラで(だったと思う)、そんなひと言では言い表せないところが良いと思ってたんですが、スマホ京介の方は主人公相手にでさえ「お前」とか「は?」なんて言われて、それメンバーとかへの態度だよね?って思うくらい、主人公と言えども全くシナをかけてこない。
ツンデレキャラになってましたね!(GREEからこうだったのでしょうか??)

とはいえ、Love Duetの京介もこれはこれでカッコいい!とすっかりハマってしまい、次の春を攻略しているところでアプリ配信というかサポート終了となってしまいました(汗)そのあとはやる気が無くなって全然未攻略です〜

それで、京介を攻略後に自分の作品を読み直してみると、あまりに京介の性格が違っていて(・・;)

ここに検索で来てくださる方には、GREEやアプリで知った方もいるでしょうから、「京介性格違うじゃん」と思われているだろうな〜と複雑な気持ちになりました。。

なので、前述した、完結を目指している京介作品「嘘」ですが、諸事情考慮していただけたらな、と読者さまにはお願いしたい次第です^^;
千春は基本的に本家の携帯ゲームしかハマりこんでやっていなかったものですから、なるべくそのイメージを壊さないように書いているつもりですが…


また、メインキャラの改変にも驚きました。ガラケー時代のサブキャラだった京介・義人が、翔を差し置いてメインに成り代わってるなんて!でもやっぱり人気あったからですよねきっと。すごく利用者の心を捉えてるなぁと思いました。
あとJADEの冬馬さんもえらく髪がすっきりしちゃって。目を疑いました笑

そして、あの春と並んでいた(と思う)隼人や、宇治抹茶、ハヌルさん、相馬さんら俳優陣に至ってはどこへ行ってしまわれたのやら。。自然淘汰されちゃったんですね。。

ここをお読みくださる方は、まあこんな私の感想なんてとっくにお持ちだったかと思うんですが(・・;)

私自身はというと、このHPで執筆当時、学生だったのですが、卒業して社会人となり、更新も数年に1回くらいとなってしまっておりました。大変申し訳なく思っています。

結婚・出産を経て今はもとの職場に仕事復帰しています。
そんな私にとっては怒涛の数年の間に、芸恋から距離を置き過ぎて(というかGREEとかのやり方もよくわからなかった)、スマホにしてからもすぐにはアプリがあるなんて考えてもみず、久々に思いだして検索をかけ、ダウンロードしたときには2カ月後に配信終了。。( ; ; )

以前はシナリオだけにきゅんきゅんしていたのに、アプリでは音ゲー要素が盛り込まれていて、ゲームが苦手な千春にはハードルが高かったです。。
でもWaveもJADEの曲もとてもいい曲でしたね!
京介は根性でやりきった気がします。
春攻略中にやる気がなくなってしまったのは、ゲームが下手なのが一因かもしれません…(^^;)笑

今となってはもっとゆっくり攻略してみたかったです。夏輝とか、夏輝とかぁぁ。。
もう叶わないのが残念すぎます。。

なので、たまに攻略サイト様に遊びに行って、3〜4年前に書かれた記事を読んで妄想しています。なんだかんだダーリン愛は継続しています。笑



***

さて、今完結に向けて書き進めている京介小説「嘘」ですが、やっと折り返し地点を過ぎたところになります。
足掛け5〜6年、どんだけ生み出すのに時間かかってんだ、って感じですよね。

まだ子どもが幼くて、寝かしつけたあとの少ない時間ですががんばって書いてますので、もうしばらくお待ちいただけたらと思います。(そんなに待って下さってる方はいらっしゃらないかもしれませんが…)
これが言いたくてこのページを設けました、と言っても過言ではありません。
ここにもしまだ来てくださってる方がいらっしゃれば、よろしければ応援お願いします^^;


今後のHP運営についても、全くと言っていいほど更新ができないので、もうHP自体を閉鎖しようか悩みました。
ですが、私のように、青春時代に「ダーリンは芸能人」にハマったことがある方にとっての心の灯となれたらいいな、とも思って、稚拙な文章ですが、もうしばらく、残しておこうかな…とも思っています。


育児と家事と仕事の合間の執筆になりますので、更新頻度自体は変わらないかもしれませんが、よろしければ忘れた頃にのぞいてみてあげてほしいな、と思っております。
私も生きているので、そのうちまた更新できたらいいな、と思っています。^^

それでは、長くなりましたがこの辺で。
また書きあがりましたら、更新しにまいります。

2018.10.5 千春付記

[TOPへ]
[カスタマイズ]




©フォレストページ