text

□帰り道
1ページ/3ページ




「あ、利央くーん!!」

「準太ー帰るぞー!」
 

「文貴〜!!」

「あ、榛名」


〔帰り道〕







「文貴ー!近くまで来てたんだね!」

「うん!だって利央くんと帰りたかったんだもん」

「文貴…っ可愛いい!可愛いすぎるよ〜!」

「えへへー。利央くん好き〜」


バカップルの利央と水谷は、今日も相変わらず周囲を気にせずにイチャついている。お前ら……自重って言葉知ってるか?


「準太!俺達もあの二人に負けていられないな!」

「一生一人でやってろ…」


俺は溜め息を吐き、利央達を見る。こいつら本当に見てて飽きねぇなぁー。おぉ、手まで繋いでやがる。しかも恋人繋ぎ…。
あ、利央と水谷の顔が近付いて……


「って、おぉい!!待て待て!」

「え…!?準さん、どうしたの?」

「“どうしたの?”じゃ無い!!お前ら今何しようとした!」

「何って……チュウ?」


何がいけないの?と言われ、俺は愕然としてしまった。


「まさか…お前ら、いつも…平気でキスしてるのか?」

「「もちろん!!」」


二人は顔を見合わせ普通に笑っていた。このバカップルが…!

でも、何故か知らないけど羨ましいと思ってしまった自分がいた。


_
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ