text

□Today
1ページ/5ページ




俺はお前となら何処でも楽しい。

〔Today〕






「あ、榛名ー」

「なんだよ、空き丸」

「字間違いすんなボケ!」


あー…うっせぇなぁ。こっちは最近準太と会って無くて、イライラしてんだよ!ったく…あー準太に触りてー!!


「榛名!聞いてんのか!」

「…あ?なんか言ったか?」


秋丸の話なんて、これっぽっちも聞いて無かった。と言うよりも聞いててもグチグチ煩いだけだしなー。


「だーかーら!今日は部活休みだって」

「え、なんでだよ」

「昨日の大雨でグランドが使え無いんだって。そー言う事だから」

秋丸は、そう言ってクラスへと戻って行った。……マジかよ。はぁー。じゃあ今日は一日中暇になったじゃねぇかよ。どうしよっかなぁ…。
ん?待てよ。昨日は大雨だったよな?じゃあ…多分あっちも…。
俺は授業がそろそろ始まるので携帯を急いで出し、あいつに電話をかけた。
 
………………。


“…もしもし”

「お!準太ー!」


俺が電話をかけた人物は俺の恋人、高瀬 準太。久しぶりに声が聞けて少しテンションが上がっている。


“なんか用か?”

「準太の所って今日部活無い?」

“無いけど…どうして?”

「俺の所も部活無くなったんだけどよー。それでさぁ準太」

“…何?”

「今日デートしようぜ!」


準太の返事は「バカ」の一言だった。


_
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ