少年
 考









































永遠に毒の銀膜の中でまどろむ
負の項の神経を受け入れ
見間違い續ける幻覺は光る




銀膜月世界








浮かびし硝子板の月へ








669番の少年の夢

月少年
少年言想
銀膜胞衣の中の少年








君の瞳の色色の指先を持つ少年を追い掛けた

逃げ出した
連れていかないで

僕は此処

月の中






黒膜が安寧を齎す迄






迷走せよ
構想せよ


永遠に


ブックマーク|教える
最終更新日 2008/11/28




©フォレストページ