Novel


□芽生える気持ち
1ページ/6ページ

―――――――

ねぇ気づいてる?


私、いつも貴方の部屋で貴方の帰りを待ってるわ


廊下に響く足音に耳をそばだてて
 

普段以上に歩幅を広くして


急いで帰ろうとする貴方の足音


聞こえる度に想像してる


私のためにあの可愛い耳をぴょこぴょこさせて


オレンジがかったブロンドの髪をゆらすのを


貴方が私の名前を呼びながら


このドアを開くその瞬間まで


―――――――
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ