小説の中を旅する少女。
紅い月の下、また誰かが足音を立てて、
何も知らない無垢なあなたが、また夢へと堕ちていく。


さぁ、あなたも、
少女達と共に、小説の中へ旅に出てみませんか?

白兎という僕のカケラ
***更新履歴。***
main./少女が迷い込んだ先

掲示板./世界で見つけた掲示板
Game book,/少女達と楽しく、

お帰りなさい。夢が醒めたのですね?
紅い月の下、あなたとしばしの別れです、



少女は前に進むのです、その度にページは増えて行きます。
どうか、またページをめくりにいらして下さい。


ブックマーク|教える
訪問者419人目




©フォレストページ