おとしもの

□2.新しい季節
2ページ/9ページ





「そっか、小羽っちはもう受験生になるんスね。」


一緒に並んで歩いてくれている黄瀬さんもだし、青峰さんも背が高くて、話すときはうんと見上げないといけない。


「はい、まだ実感は全然ないんですけど、お兄ちゃん達を見てると、高校って楽しそうだなと思います。」



「楽しいっスよ。中学の時みたいに制限ないし、小羽っちは部活とかやんないんスか?」




この人が、

学校を、部活を、バスケを楽しんでいるのはすごくよくわかった。
だってとっても楽しそうに話をしている。

海常高校も今日は練習はOFFだったみたいだけど、せっかくの休みにもモデルのバイトをしているのだろうか。




「部活、実はあのウインターカップのあと、バスケ部に入ったんです。
選手はこの時期からは無理なので、マネージャーで。

黄瀬さんたちの試合をみていたら、選手のサポートもいいかなって思って。近くでバスケットも見れるし、監督さんも入って欲しいって言ってくださったので。」




「へえ!帝光のバスケ部のマネージャーっスか!女子バス部っスか?」




「いえ、男子です。

 女子バスケ部が良かったんですが、マネージャーがもういっぱいで。
男子の方は、全学年でもいまは4人しかいなくて大変なんです。」





黄瀬さんは歩く速さも、ちゃんと小さい私にあわせてくれている。さすが高校生って感じがした。
優しいし、見た目ほど軽くないし、とてもいい人だ。
さっきから、若い女の子たちの熱い視線を浴びるのも、どうやら気のせいではないようだ。



「そうなんスか・・。
 黒子っち〜、心配じゃないッスか?」


「男子バスケ部のマネージャーですか?」



黄瀬さんが後ろを歩いていた兄の方へ振り向いた。



「僕は、大変なのも知ってますし、小羽のことを思うと・・一応反対をしましたが、小羽がやりたいのなら応援しますよ。」



「お兄ちゃんと桃井さんが色々と教えてくれるので、助かってます!」





そうなのだ。
マネージャーは大変ってのは聞いていたので知っていたが、結構な重労働で忙しい。体力的にはじめは苦労したが、今は慣れてきて随分と楽しくやれている。





大きな体育館に到着すると、もう2試合目が始まっていた。今日は大学バスケの春の大会なんだそうだ。
大学生のバスケットは、高校生のとは全く違っていた。

もちろん、中学と高校とのバスケも全くスケールが違うが、大学ともなるとカラダはみんな大人だ。また違った迫力がある。



「すごいっスね〜。
 高校とは全然違うっス。」


「ほんとだね。ね、あそこ今吉先輩じゃない?」


さつきが指をさした先には、数ヶ月前まで一緒に練習していた、もと桐皇の今吉の姿があった。




「へえ、もう大学で部活に参加してるのか。」



青峰がにやりと笑ってその姿をみた。

ウインターカップまで参加して、ぎりぎりの受験。結局バスケは続けているんだ、とまだ入学式まえの大学の試合に、半分見学だろうが手伝いをしている様子の先輩を眺めた。





「うちの先輩たちもいるかもしれないっスね。」


何しろたくさんの大学が来ているし、進路のためにと高校生の観客もたくさんいる。
とりあえず座る席を探して座ったのが、やっとだ。



私は勉強がてら、大学生の試合を見ながらスコアをつける練習をした。ちょうど桃井さんもいたから、わからないところは聞くことができる。


「小羽ちゃん、だいたい出来てるよ!」


「ありがとうございます。桃井さんの説明、すごくわかりやすいです。」




帰りは、夜になったのでみんなでご飯を食べて帰った。
やっぱり青峰さんと黄瀬さんのやり取りが面白くて、ずっと笑いっぱなしで。
小さい頃から見てきた兄が過ごした世界を、羨ましいなと思った。
わたしにもこんな友達が、出来ますように・・








ノ。+゜*.☆.。.:*・゜












「あー、小羽っち。」



「はい。」


駅に着くすこし前、黄瀬さんが少しだけはずかしそうに話しかけた。

見上げると、照れくさそうに笑って、


「ケイタイ番号交換してくれないっスか?よかったらッスけど・・。」


「はい、私でよければ。」



鞄から携帯をとり出して操作すると、黄瀬さんもスマホを開いて画面を表示した。

赤外線を使って交換すると、黄瀬さんは『小羽っち』と携帯に名前を入力していた。





「黄瀬さんて、尊敬する方に〜〜っちってつけるって、お兄ちゃんから聞いたんですけど・・・
なんでわたしにも小羽っちって付けるんですか?
年下なのに・・。」



一瞬、ちょっとだけ目を見開いて見た黄瀬さんだったけど、



「そりゃ、小羽っちが凄いからっすよ。」



「?」



疑問符だらけだった。きっとそんな顔してただろうから、黄瀬さんも言葉を続けた。



「小羽っち、ちゃんと人の内面みれるっしょ?

 俺のことも、モデルの黄瀬涼太として見てるなって思ったことないし・・

結構外面で寄ってくる子、いるんスよ。もうそういう子って、表情でわかるっていうか・・話しかけてくるときに雰囲気でわかるんス。

でも小羽っちは俺のこと全く興味なさそうで、最初は小羽っち可愛いから、俺みたいな感じで周りが寄ってくるから珍しくないのかな〜なんて思ったッスけど、小羽は周りを寄せ付けない。

そういうの、俺にはないところだし、中学生なのに凄いななんて思ったッス。」





「私はファンを増やす必要なんて、無いですから。
むしろ、忘れられたいって感じです。」





なんだか、モテる人って大変なんだなって初めてわかった。
そうか、人を見極める眼を持たなければ、この人は本当に大切なものを見つけられない。







「小羽は小さい頃、すごく可愛かったので誘拐されそうになったことがあるんですよ。」





兄のテツヤが振り返って、付け加えた。




「え・・・。

 そうなんスか!?」




「私は覚えてないんですけど、そうみたいです。」






「確か、小羽が4歳くらいのときだと思います。

 愛憎ストーカーっぽい感じで、僕と近所の公園で遊んでいたときに、車で連れ去られそうになって。

そのときたまたま通りかかった人が、気付いて助けてくれたんです。

その男、自宅に小羽の写真をいっぱい持ってたみたいで、どうもずっと付け狙っていたそうです。


だから一人でうちに置いておけないんですよ。」







その場にいた全員が、まじか・・・と、絶句した。







「いや、小羽っちならわかるっス。」


「まあ確かにな、でもよく助かったよな。」


「帰り、テツ君も気をつけてね。」








口々にそう言って、駅で別れた。










「お兄ちゃん、楽しかったね。
 私も明日から部活頑張ろうっと。」



急にやる気が出てきて、明日は部室の掃除をしようか用具室を片付けようか・・色々と考えが浮かんできた。



横を歩いてくれている兄は、嬉しそうに笑んでいた。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ