おとしもの

□9.咲く花の色
1ページ/5ページ





濃いピンク色のドレスは、派手すぎて、
いつも白や淡い色の服が好きな私にとっては、とてもハードルの高いドレスだと思った。

でも不思議。
今は、そのピンクさえも幸せの色に見える。



ドレスを適当に畳んで大きなバックに詰め込むと、急いでお化粧を直した。
コートをハンガーから外して、主催者に軽く挨拶をするとホールを出て、待っていたあの人のところへ向かった。








「もっとゆっくり準備してきてよかったんだよ。」



「だって・・、着替えてる間に居なくなっちゃいそうで・・。」



「居なくならないよ。
明日は、一緒に東京へ帰ろうか。」



「え・・、いいんですか?」







選抜の合宿の時、なんどか洗濯場で話をしたときより、もっともっと優しくて、
でもちょっと瞬きしたら、煙のように消えて、夢でした、なんてオチになりそうで怖かった。




コンサートは21人の演奏者がいて、夜は懇親会のようなものが用意されている。
その時間までにはずいぶんあるし、せいくんが京都を案内してくれるって言ってくれたので、一緒に近くを歩くことにした。


まさか、こんな日が来るなんて。

思ってもみなかった。













肩を並べて、一緒に歩いて、

ちょっと横を見ると、背の高い赤い人。


目をつぶるとせいくんなのに、目を開けると赤司さん。



不思議。




こんなに嬉しい。
一緒に居られることが。












「あ、赤司さん・・」


「なんだい?」





「私の事、メールの小羽が私だって・・
いつから知ってたの?」



冷たい空気に、夕方の風でコートのボタンもちゃんと留めていないと、寒い。
せいくんもキャメル色のコートを着ていて、マフラーは赤と青とグレーの3色なのを巻いていた。




「月バスに、春ころ、メンバーが載っただろう?
そこで名前を見たんだ。

そのあと、緑間に電話で確認したのだけれどね。」




「あ・・あの全体写真の・・。」






そっか、そんなに前から知っていたんだ。





「・・大学生か、社会人の人かと思ってました。」


「俺のことをかい?」




ほんの少しだけ驚いているような、赤司さんのことを珍しいと思った。



「もしかして既婚者とかだったら、どうしようとか・・本気で考えてた。」





赤司さんであるのか、せいくんなのか、両方なんだけど、よくわからない。



でも、そこにいるその人が、ずっと前から知っている、ちょっと意地悪で厳しくて、でも頼りになって優しい、せいくんなのだ。
そして責任感があってかっこよくてバスケが凄く上手で優しい、赤司さん。

どちらも私にとっては王子様のような人。



「ところで、さっきからえらく他人行儀だね。」


「いつものメールや電話での小羽じゃあないね。」


「あ、うん。
えっと、・・・・じゃあ普通に話しても、いい?」


「もちろんだよ。小羽らしくないからね。」




すこし嬉しそうに笑うと、せいくんは私の持っていた荷物を手から引き取ると、その大きなバックを軽々と持ってくれた。








「さあ、どこへ行こうか?

まずは、何か温かいものでも飲もうか。」





そういって連れて行ってくれたところは、京都らしい和風のお座敷タイプの客席のカフェ。
冬だからか、火鉢なんかが置いてあって、凄くおしゃれだ。




「うわぁ!可愛い。このカップ。それにおいしそうなモンブラン♡」


「相変わらず、美味しいものと可愛いものに目がないね。」



私は温かい紅茶とモンブランのケーキセット。
せいくんは、お抹茶とチーズケーキ。



「うふふ。嬉しい!
せいくんとこうして、ケーキが食べられるなんて、夢みたい!」


そう、ずっと夢だったから。
こうするの。






「幸せそうだね。小羽」


「・・だって。」



ついついほっぺたと口元がにんまりしてしまう。自分でもわかる程に。




「ここへは、レオとも来たことがあるよ。」


「レオさんと?じゃあ、小太郎さんとかも?」


「いや、レオと二人で来たよ。
たしか玲央が引退したあとだったかな。」



モンブランをサクッとフォークでさして、口の中へ運ぶと、香ばしくて甘い栗の味が広がった。
せいくん・・いや赤司さんの食べ方って、すごくきれい。品がいいっていうか、スポーツやっている男の子って感じのイメージがない。






「・・もっと早く、せいくんと会いたかったなぁ。

そしたら、せいくんのバスケの試合、応援できたのに。」




「君は秀徳のマネージャーだろう。
それでも応援してくれてたのかい?」


「してたよっ、
い、一番は秀徳だけど、それとは別に、個人的に応援してたからっ」


「そうか、それは残念なことをしたかな。
でも、小羽を守ることはできなかったよ。あの時なら、きっと。」


「そんなこと・・」




言いかけて、言葉を止めた。
そっか、きっと灰崎さんとのことを、気に病んでくれているんだ。

確かに、思い出すのも嫌な出来事だったけど、あの時助けに来てくれたのは先輩たちと赤司さん、でもそこにせいくんがいたら・・と思ったことは確かだ。


ただ、電話を、偶然だろうけどかけてきてくれて、結果助けてくれたのは赤司さんであってせいくんだったのだから、それはとても嬉しい。






でももう、そんなことはいいや。
こうしてせいくんと、会えたんだから。
それだけで、もう十分贅沢だし。





突然やってきたその幸せが、
すごく、すごく、大切で、

ずっとかみしめていたいと思った。
次へ
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ