Request

□みさ様へ
1ページ/6ページ

 『たとえ何度生まれ変わっても』





 僕が最期に見たんは、綺麗な蒼。

空の色やない。

世界で一番愛しい、君の瞳の色。


 せやけど、その瞳に映る僕は血まみれで。


 君は端整な顔を歪めながら、泣いとった。


 (…こんなはずじゃ…なかったんにな…)



 誰でもない、ただ君だけは泣かせたくなかったのに。



 (…大丈夫やで。泣かんでも、僕らは絶対、また逢えるから…乱菊…)


 そう君に伝えたかったんやけど、声も出ぇへんくて…

 そのまま僕の意識は暗い闇の底へと沈んでいった。





 ごめんな、




 乱菊。




 絶対君を、





 見つけ出すから…
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ