Request

□KAMU様へ
1ページ/6ページ

    『sweet candy』


 

 いつもギンちゃんは寂しそう。


 みんなは『市丸隊長はいつも笑顔を浮かべてる』とか言ってるけど。


 あれ、笑顔なんかじゃない。


 あたしには、辛そうにしか見えないんだよ。



 でもあたし知ってるんだ。


 ギンちゃんが、穏やかに目を細める瞬間をーーー




****



 「らんらん、ご馳走様〜」


 らんらんが出してくれたお茶を飲み干して、あたしはソファから飛び降りた。

 ひっつんのとこは、らんらんがマメなおかげで色んなお菓子があるんだぁ。

今日は現世の『ばーむくーへん』っていうお菓子を出してくれたんだよ。

初めて食べたけど、甘くてふわふわですっごく美味しかった!


 「あら、もういいの?」

 「うん!これから散歩に行くの」

 
 らんらんは優しく笑うと、小さな包みをくれた。

 それは、らんらんがいつもお土産にくれる飴。

カラフルな普通の飴なんだけど、らんらんはすごく好きみたい。



 らんらんはあたしの目線に合わせて屈むと、頭をヨシヨシと撫でてくれた。

 「一気に食べちゃ駄目よ?あと、食べたらちゃんと歯磨きする事」

 「はーい!ありがと、らんらん」

 優しくて温かいこの手、あたし大好き。

らんらんの傍はいつも居心地がいいんだぁ。


 「じゃあね、ひっつん!らんらん!」


 二人に手を振って、あたしは窓から外へと降り立ち、ポカポカ陽気を楽しみながら散歩を始めた。





****


 川沿いを歩きながら、さっき貰った飴を一つ取り出して、口へと放り込んだ。

 甘くて美味しい。


 「らんらんって、ほんと優しい」

 飴玉をコロコロ転がしながら、らんらんの笑顔を思い出す。


いつも明るいらんらん。

でもそんならんらんも、寂しそうな顔をする時があるんだよね。



 例えば、そうーーー



 「あれぇ?やちるちゃんやないの」


 前から歩いてきたニコニコ笑顔のギンちゃんが、手を振りながらこっちにやって来た。


 「あぁー!ギンちゃん!!」


 あたしはギンちゃんの胸にダイブした。

それを難なく受け止めて、肩へと乗っけてくれるギンちゃん。


 あたしもギンちゃんも散歩が大好きだから、こうやって会った日は二人でブラブラするんだぁ。 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ