Request

□ゆき様へ
1ページ/6ページ

    『HAPPY DAYS』




 護廷十三隊、三番隊隊長と十番隊副隊長を両親に持つ、市丸冬夜。

 市丸家の長男で年は九歳。
 
 年の離れた妹・ユキと、護廷随一の美女と名高い母・乱菊を溺愛する、父親であるギンそっくりの容姿をした少年である。


 冬夜の目下の悩みは、直に来る愛しい妹の三歳の誕生日で。

 筆片手に白い紙と睨めっこしていた。

 プレゼントの候補を書き出してみるものの纏まらず、悩みの種を減らそうと、夕飯を作っている乱菊の元へと向かった。


 「なぁ、お母さん。おとん、ユキの誕生日のプレゼント、何するって言うてた?」

 最大の悩み、それはギンである。

 過去二回プレゼントが被ってしまっている。
  今年こそは被らないようにしたい。

 「ギン、あたしにも教えてくれないのよねぇ。冬夜は決まってるの?」

 「ううん。おとんのプレゼント聞いてからにしようと思って。また被るん、嫌やもん」

 拗ねたように唇を尖らせた息子を見て、乱菊は微笑んだ。

 ギンをそのまま小さくした容姿の冬夜は、中身もギンによく似たところがある。

 霊術院生だが、両親には似ず授業態度は至って真面目。

 性格も男らしく男女問わず慕われる
、リーダー的存在だ。

 だが、乱菊とユキの事となると恐ろしい程ギンに似ている。

 「そうねぇ。じゃあ、直接ギンに聞いてみたら?」

 「絶対教えてくれへんと思うわぁ。おとん、子どもみたいなとこあるし」

 「言えてる」

 
 かつて蛇のようだと揶揄され、その笑顔が胡散臭いと散々言われてきたギンは、結婚し子どもができた事でかなり変わった。

 冬夜の事は、『自分に瓜二つでおもろい』など言いながら、何処に行くにも連れて回った。

 まぁ、成長するにつれて乱菊ラブな息子を、ライバル視するようになってはいたが…。

 ユキが生まれてからは更にその争いは激化した。

 乱菊に瓜二つなのである、ユキは。

 

 『ユキ〜、パパんとこおいでー。パパと一緒に遊ぼ〜』

 『僕がユキと遊んどくから、おとんは早よう仕事行けば?』

 『イヅルがおるから大丈夫なんや。それにユキと遊ぶんは僕や』

 『そんなんやから、イヅルは胃薬手放せへんねん。ええ大人やねんから、周りに迷惑かけんようにしぃや』

 『生意気な事言うやないの。いつからそない可愛げのうなったんや』


 『さぁ?お母さんは僕の事可愛い言うてくれるし』



 と、まぁこんな感じの喧嘩は日常茶飯事だ。 
 
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ