Request

□ナナ様へ
1ページ/6ページ

    *愛しい君たちへ*




 幼馴染みである乱菊と結婚したんは、もう何年も前の事。

 結婚してからも副隊長は続ける言うて、まだ仕事上は姓を名乗っとるけど、ほんとの姓は『市丸』や。

 市丸乱菊。それが、ボクの愛しい奥さんの名前。

 一緒に家を出て、同じ家に帰るいう生活は、何や昔のようで。

 結婚した当初は、何とも言えん思いがこみ上げてきたもんや。

 
 乱菊との生活は平穏で満ち足りた毎日で、出逢ってから百年は軽ーく経ってる筈やのに、愛しさは日に日に増していく。

 乱菊という存在自体が、ボクにはなくてもならんもんで。

 小さい頃から変わらずボクを愛し続けてくれた乱菊には、ほんま感謝しとる。


 そんな幸せ真っ只中のボクやけど、一つ気がかりがある。

 なかなか子どもがでけへんねん。

 けっこう頑張ってるんやけどなぁ。

 乱菊も気にしとるみたいで、四番隊長さんとこ、よう行ってるみたいや。

 
 でも子どもは授かりもんやからな。

 気長に待つしかないか。


 「市丸隊長、さっきから何ボケーッとしてるんです?書類の量、減ってないみたいですけど?」

 そういやまだ仕事中やったな。

 イヅルの声に、ハッと我に返った。

 「ん?あぁ、今頃乱菊何しとるんやろと思てな」

 「ほんと、乱菊さんの事ばかりですね。隊長は」 

 「ボクら、ラブラブやから」

 「はいはい。さっさと書類、片付けちゃって下さいね。それ終わらないと愛しの乱菊さんの所に帰れませんよ」

 机に山積みになった書類とイヅルの顔を交互に見た。

 コクリとイヅルが頷く。


 「…嘘ぉ…」



 
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ