きみとぼく

きみのいない日常を思い浮かべることが出来ない
だって、きみはいつもそこに居てくれたから

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ