小説

□恋のはじまり
1ページ/1ページ

ジュビアは不幸を呼ぶ雨女。
周りから忌み嫌われる可哀相な女。


ーーーそう自分に言い聞かせてきた。
そうでないと、孤独には耐えきれそうになかったから。

きっと死ぬまでそうなのかも…と心のどこかで思い始めていた頃、ジュビアは太陽に出会った。


燦々と輝く太陽を、ジュビアは生まれてこの方一度も見たことがない。
けれどきっと、この方のようにキラキラと輝くものなのでしょうね…






「グレイ様ーッ!!」
ジュビアがその太陽と同じギルドの一員になってから、呼んで走り寄ればキラキラした笑顔はジュビアに向けられる。
「おージュビア、どーした??」


「あ、あの…」
緊張して上手く言葉は出てこないし、心臓の音もうるさく鳴っている。
17年生きてきて、こんな気持ちは初めてで…
恋愛経験はそれなりのジュビアだったけど、今までの男性とは明らかに違う胸の高鳴りはーーーー




これが恋、ホントの恋のはじまり………

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ