虹色の記憶
どんなに願ったって

頂点に立つのはたった一人

4強だろうがダークホースだろうが負ければ終わり

負けたくないから

頂の景色が見たいから

俺たちは練習を重ね、頂を目指す

天才でも凡人でも

努力に勝るものはない

勝利は素晴らしい

しかし、その勝利を目指して過ごしてきた時はもっと素晴らしい

強い者が勝ち

負けた者が弱いのではない

勝った者が強く

負けた者が弱い

ただそれだけのこと

そんな単純な世界だからこそ

人は戦い

勝利によって自信をつけ成長し

敗北によって様々な事を学び

再び勝利を目指して立ち上がる

さぁ、烏か

鉄壁か

王者か

青葉か

勝利を勝ち得る者は誰だ
first

stories

dream book



backpage

飛距離


ブックマーク|教える
訪問者13946人目




©フォレストページ