book 〜小説〜




バレーボールが大好きだった。



身長はズバ抜けてるワケでもない。

それでも、バレーボールが好きだったんだ。

胸が熱く高鳴る、あの瞬間…。

セッターへと繋ぐ弧を描いたレシーブ。

決して得点には関わる事は無かったけれど、

確かに、俺はあのコートに立っていた。



そう…、
バレーボール選手の誰もが夢見る、オレンジコートに。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ