迷夢録『しのび』

時折、俺は走馬灯を夢見る。

偽りのそれは、いつでも優しく語りかけてくる。









そして必ず、ただの夢であったのかと、俺を悲しくさせるのだ。














銀魂 長編夢小説 桂小太郎
過酷描写(セクシー シリアス)に注意。
幼少期篇では夢主が全く出てきませんので、メインストーリーのみかじりたい方は12話(攘夷戦争期)からお読みください

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ