人生というものは

□マジヤバス
1ページ/1ページ

ヤバスヤバスヤバスヤバスヤバスヤバスヤバスヤバスヤバスヤバスヤバスヤバスヤバスヤバスヤバスヤバスヤバス




この部屋ヤバいよ…



“この部屋”というのは銀魂高校の職員室の事。



銀八先生に職員室まで連れてってもらい、いざ職員室に入ってみれば……!



もうヤバいんですわこれが。
ファンキーモンキーティーチャーズが!いるの!

いや、当たり前だよ?分かってるよ?そりゃ職員だからね?けどね、見たら発狂するよ?


「まぁ、その辺テキトーに座ってろ」

と銀八先生に言われた。

いや、何処に!?テキトーって何処!?

「……あ、あの適当って何処に座れば…?」

銀八先生は私の顔を見て軽く溜息をつき、

「んじゃあ…あそこ座ってろ」

と言って職員室の一番奥にあるソファを指さした。

「はい」

職員室の奥に行こうとすると、アニメで聞いたことのある声が。


「…お、三ヶ峯……爛火?今日Z組に入るんだろ?」

「はい、よろしくお願いします」

と言ってぺこりと頭を下げた。

「おう、よろしくな俺は服部全蔵だ」

顔を上げ、相手の顔を見る。

目が隠れるほどの長さの前髪。顎髭。

はっ服部せんせっ…本物ォ!!




やっぱり見えないかぁ
目、見たかったな生で。










ソファにゆっくり座る。

それにしても…煙たいなこの部屋。
あ、そうかこの学校の職員、ほとんどの人がタバコ吸ってる。
だからか。



げほっ



思わず咳が出てしまった。
するとまた声をかけられた。

「大丈夫か?」

上を見上げると綺麗な容姿の女性が立っていた。月詠先生だ。

「あ、大丈夫です」

と適当に返事をした。ヤバい緊張が、、、上から見られると、ね


煙管の煙をフーっとふかすと、

「確か三ヶ峯、といったな」

と聞いてきた。

「はい、よろしくお願いします」

座ったままぺこりと頭を下げた。

「あのクラスは問題児の集団だからの。気をつけるんじゃぞ」

「あいつも含めて」



と銀八先生の方に視線を向けた。
あ、ジャンプ読んでる…



「まぁ、なにか困ったことがあったらいつでもわっちのとこに相談に来い」


「ありがとうございます」


月詠先生は目を細め笑うと自分のデスクに戻った。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ